6月15日 今日は何の日2019/06/15 11:43

60年6月15日、岸内閣により強引にすすめられた安全保障条約に反対する闘争のさなか、警察隊との衝突で東大の学生だった樺美智子さんが命をおとし、多数の学生が重傷を負いました.当時の学生たちは暴政に対してやむにやまれず立ち上ったのでした.
今、当時の首相の孫の政権によって戦前回帰の企てが勧められています.当時よりも危うい状況にあると言えるのではないでしょうか. しかし学生たちや若い人たちの危機感は薄いようです.戦前回帰の流れをなんとしても止めなければと思うのは、戦争の悲惨さを知る年寄りだけなのでしょうか.





イージスアショア なぜ秋田2019/06/12 08:18

秋田へのイージスアショア配備説明会での騒動が報じられています.そもそもなぜイージスアショア配備の適地が秋田と萩名なのでしょう.その疑問を解く推論が下記サイトにあります.一読してみてはいかがでしょう.




燦々会首都圏会’19年春季懇親会が開催されました2019/06/06 14:56

俊さんから写真とコメントが送られてきましたので掲載いたしました.ご覧ください.

5月31日、星陵会館(日比谷高校同窓会館)レストラン「シーボニア」で燦々会の懇親会が開催されました。出席者は8人、昔懐かしい話で旧交を温めた半日でした。

なを、会費2,100には驚きました。遠藤さんありがとうございました。

当日の写真を添付いたします。   写真をクリックすると大きくなります.





またやってしまいました.「天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願って....いません」2019/05/15 20:09

4月30日、「退位礼正殿の儀」で、安倍首相は国民の代表として挨拶にたち,その末尾で「天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願って....いません」と考えられない大変な失言をしてしまいました.
マスコミには報じられませんでしたが,ネットでは早くから話題になっていました.動画を視聴しましたが確かに「願って..いません」と聴こえましt.実は直ぐにもブログをと思ったのですが,あまりの事柄ですので書くのを控えておりました.この程,新聞広告でAFRAがことの仔細を記事にしたことを知りました.またAERAdotでも閲覧できることが分かりました.ご興味のある方はご一読してみてはいかがでしょう.

この失言について,ネットでは 願って已みません=願っやみません「已む」読めなかった?という説と明仁天皇(現上皇)に対する本音がつい出てしまったのではという心理学的な説があるようです.いずれにしろ歴史的失言をしてしまたにもかかわらず反省の気配もなく気にしている様子もないようです.この人らしいというべきでしょうか.




戦争を知らない世代が主役の時代の幕開け2019/05/02 19:38

戦後の昭和,平成の30年は,先の戦争の悲惨さ,不条理さ,愚かさを実際に体験しその深い反省から不戦を訴え続けた人々により辛うじて平和が保たれてきました. 70余年という時が流れて,戦後の平和の礎を築いた人々は第一線から退かざるを得ない状況にあります. その象徴的な出来事が,先の戦争の深い反省と常に国民の平和を希求された平成の明仁天皇の退位ではなかったのではないでしょうか.
戦争を知らない世代の時代になっても,新しい天皇のもとに,不戦,平和を貫いて欲しいと切に願っています.