加計学園問題の批判は下衆の勘繰り 高村自民党副総裁発言2017/06/17 08:22

高村氏は自民党のある会議で,「加計学園の獣医学部の問題は、岩盤規制を政治主導でドリルで穴を開けた立派な決定だったと。ここが本質的な問題だから、しっかりと説明して、野党の一部にある「げすの勘ぐり」を払拭(ふっしょく)して頂きたい.」旨の発言をしたらしい. 一般の人の認識とは随分とかけ離れているようです. 多くの人の認識はあのぼうごなつこさんのマンガ,お友だちのために抜け穴を開けた,でないでしょうか.
高村氏といえば,安保法案を通すために砂川裁判の考えられないような解釈を披瀝しましたね.
常々感じてているのですが,この人お顔以前に比べてだんだん悪くなってきているように思えてなりません.人間年を取るとそれなりに福々しい顔立ちになるものですが. 高村氏には下衆の勘ぐりなどと下品なことを言わず,党を正しく導き良いお顔になっていただきたいと思います.


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yabu.asablo.jp/blog/2017/06/17/8598942/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。